今日は十勝川でルアーのテストをしてきました。

近年不調と言われる下流域のアメマス狙い。朝8時ころスタートでまずは仲間の情報を元に枝川の合流地点へ

ジグミノー、ミノー、スプーンをローテしながら狙うも反応はなし。やけくそで下流へ90Rを大遠投してほとんど巻かずにダウンでチョンチョンしてるとヒット!なかなか重たい引きだったので期待するも35㎝位のアメマスのスレ掛かりでした(-_-;)速やかにリリースして同じところを何度か狙うも当たりなく単発で終了。

大きく下流へ移動。車を停めて川へ向かおうとするも川への道筋がない、昔は沢山のアングラーが毎日のようにアメマスを狙っていたから歩きやすい道が付いていたがここ数年の不調で道が付いていないので川へ降りるのも一苦労、そして昔あったポイントもあの台風の影響で潰れてしまっている。

仕方ないので魚を探してランガンスタート。ちょうど潮の影響で流れが弱い時間帯だったのでスプーンをスローでただ巻き。流れ出したらジグミノーが非常に有効だが、止まっている時はスプーンの強いアピールが無ければ厳しい。そしてかなり下ってようやくヒットしたのは50クラス。

だが同じところではヒットは続かず、再びランガンで下る、そしてときおりヒットする感じ、魚は群れてはおらず一定の間隔でばらけている、しかもヒットゾーンが岸から遠い!岸から10メートル以上ウェーディングで立ちこみフルキャストで70メートル位は投げないと届いていない、場所によってはそれ以上先に投げなければ反応を得られない。ここまで決して良い状況とは言えなかったがビッグスプーンの集魚力に助られなんとか5本キャッチ、アベレージは50センチ無いくらい。

潮が引き始めて川の流れが強くなってきたのでジグミノーへチェンジ、狙うは岸から100メートル先、ダウンクロスへフルキャストそしてデッドスローでしつこく誘うイメージで狙っていると重量感のあるアタリ、きました!ごっついの!十勝川では久しぶりのサイズでした。

最終的に今日一サイズは得意のジグミノーで出ましたが、やはりプロトスプーンの威力は強烈でした。実は貴重なプロトを根がかりで無くしてしまったので、それ以降はあまりきわどい使い方をしませんでしたが、ただ巻きで本当に良く釣れます。しかし金型が高くて量産へ黄色信号が。。最近は毎日そっちの事を考えています、、、なんとか量産したいな~。それと面白いミノーが手元に、これもテストしたかったので少し投げてみましたが本当に面白いミノーです。今回これだけ魚が遠いとテストらしいテストは出来ませんでしたが泳ぎのチェックはできました。次回はミノーメインでテストできる場所へ行きたいところです。

ROD HONNAMI ROD822M

REEL STELLAC3000HG

LINE YGK G-SOUL X8 1号

LURE SAMURAI CUSTOM JIGMINNOW100R 90R

SPOON30g proto 他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA